太田和之税理士事務所

コラム

節税

2021年10月21日

株式譲渡・配当の税務④~損益通算と繰越控除~

前回(住民税申告不要制度)につづいて今回は特定口座内の損益通算と繰越控除について説明します。   申告分離課税のデメリット 特定口座内の株式譲渡所得・配当所得については   ①申告しない ②申告して分離課税を選択 ③申告して(配当だけ)総合課税を選択   のいずれかを選択することができました。 「①申告しない」では証券口座ごとに…

2021年10月7日

株式譲渡・配当の税務③~住民税申告不要制度~

前回(配当控除)の続きです。   前回のおさらい 前回の記事で配当金を受け取った場合、下の例のように確定申告で総合課税を選択すれば税金が安くなる場合がある事が分かりました。   例:所得税率10%、住民税率10%の人が10万円の配当金を受け取った場合の納税額   ・総合課税の場合 ①所得税:10万円×10%=1万円 ②住民税:1…

2021年10月4日

株式譲渡・配当の税務②~配当控除~

このシリーズでは金融所得課税の節税や注意点についてお話しします。 第一回は基本中の基本の「配当控除」についてです。   配当金にかかる税金 配当金は他の所得と合算して申告する「総合課税」と、配当金単体で申告する「分離課税」のどちらかを選択することが出来ます。 総合課税の場合、配当金の額にその人の所得に応じた税率を掛けて税額を計算します。 一方申告分…

2021年10月1日

株式譲渡・配当の税務①~はじめに~

先日自民党総裁に選出された岸田氏は金融所得課税の見直しを主張しているそうです。株や投資信託を保有している方に対する影響が気になるところです。   しかし、一般の方で株の譲渡損益や配当収入について税金をちゃんと意識されている方はかなり少ないです。 恐らく多くの方は「利益の20%くらいが税金かな?」くらいの認識だと思います。 証券口座を特定口座(源泉徴…

2021年9月22日

先端設備等導入計画

先端設備等導入計画とは中小企業・小規模事業者等が設備投資を通じて労働生産性の向上を図るための計画です。 3年間固定資産税ゼロ円、補助金の採択率アップ等様々なメリットがあり申請も簡単な制度ですが、意外と申請している企業は多くありません。 実際、当事務所にも「顧問税理士が制度を知らないみたいで・・・・」とスポットで依頼が来ることがよくあります。 対象の設備を購入…

2021年8月26日

法人成りのデメリット

3回にわたって法人成りのメリットを挙げてきました(→「法人成りのメリット」)が、法人成りは何も得する事だけではありません。 そこで今回は法人成りのデメリットを挙げたいと思います。   ①法人住民税の均等割 法人の場合はたとえ赤字であっても納めなければいけない税金があります。それは法人住民税の均等割です。 法人住民税は自治体に払う行政サービスの費用負…

2021年8月24日

法人成りのメリット③

(「法人成りのメリット②」の続きです)   ⑦消費税の免税期間 2年前の売上高が1,000万円を越えている場合、消費税の納税義務が発生します。 開業1年目と2年目は通常「2年前の売上高」そのものが存在しませんので、基本的には納税義務は発生しません。 この「2年前の売上高」は法人成りした場合でも個人と法人は明確に分けられます。 たとえ個人で毎年1億円…

2021年8月12日

法人成りのメリット②

(「法人成りのメリット①」の続きです)   ④出張日当 法人化する事によって経費として認められるものに「出張手当」「慶弔規定」などの社内規定があります。 出張などで交通費や宿泊費がかかれば、個人事業主も法人も経費にすることができます。しかし、法人の場合には、このうえ「出張手当」を支給できるようになります。この出張手当は法人の経費になりますから、交通…

2021年8月6日

法人成りのメリット①

起業するときは、はじめから法人を設立する場合と、まずは個人事業でスタートしてあとで法人を設立する場合があります。個人事業から法人を設立することを「法人成り」と呼びます。 法人成りには節税や、信頼性の向上、資金調達など多くのメリットがありますので、順調に利益が出ている個人事業主の中には法人成りを検討している方も多いのではないでしょうか。   法人成り…