太田和之税理士事務所

コラム

税務調査

2022年3月30日

青色申告取消しの要件③

前回までで青色申告の取消しの法的・実務的要件の解説をしました。 今回は青色申告が実際に取消される現実的なケースについて説明いたします。   少なくとも私が立ち合いをした調査で「青色申告を取消しますよ」は脅しで言われたことしかありません。最悪のケースを想定させて有利な条件を引き出すのは交渉事の基本です。 そもそも青色申告を推奨する立場の国税がその取消…

2022年3月24日

青色申告取消しの要件②

前回のコラムで青色申告が取り消される要件は下記の4つであると説明しました。   ①帳簿の備え付けがされていない場合 ②税務署長の指示に従わなかった場合 ③その事業年度に係る帳簿書類に取引の全部又は一部を隠蔽し又は仮装して記載し又は記録し、その他その記載又は記録をした事項の全体についてその真実性を疑うに足りる相当の理由がある場合 ④申告書を提出期限ま…

2022年3月18日

青色申告取消しの要件①

実質延長となった電子帳簿保存法ですが、現場を戦々恐々とさせていたのが「電子帳簿保存法に従って書類を保存しなければ青色申告の承認の取り消しもありうる」とされていた点です。 電子帳簿保存法について語る事は数多くあるのですが、今回は実務的にも重要は「青色申告の承認の取り消し」について解説したいと思います。   税務調査においては「この帳簿状況では青色申告…

2021年11月10日

税務調査後の対応、修正申告と更正

税務調査で否認事項があった場合、多くの納税者と税理士は「修正申告」をする事で調査終了とします。 しかし、調査官の否認指摘に納得が出来ない場合も修正申告しなくてはいけないのでしょうか?   当然そんなことはなく、納得が出来ない場合は「更正してください」と伝えることになります。   ・・・・・というのも実はあまり正しい表現ではありません。 何…

2021年11月5日

税務調査で社長個人の銀行口座は見せなければいけないのか

法人に税務調査が入った際、調査官に「社長個人の銀行口座を見せてください」と言われることはよくあります。   「法人の調査なのに個人の通帳を見せなくちゃいけないの?」   と疑問に思いつつも、調査官がいう事なので仕方なく・・・・・という対応が殆どだと思います。 今回はこの事例を法的な側面と実務上の側面から解説したいと思います。  …

2021年9月9日

役員③「使用人兼務役員」

「みなし役員」・「特殊関係使用人」と続いて、最後に「使用人兼務役員」についてお話させていただきます。   使用人兼務役員とは法人の役員でありながら、従業員としての肩書きを持つ人の事を言います。 例えば優秀な工場長を役員に昇格させたいが、工場長の職務は引き続きお願いしたい・・・・といった事は人事上十分あり得ます。 このような場合は役員と使用人を兼ねる…

2021年9月2日

役員②「特殊関係使用人」

前回の「みなし役員」に続き、今回は「特殊関係使用人」について解説いたします。 「特殊関係使用人」は「みなし役員」とよく混同される論点で、税務調査において調査官が誤って否認指摘してくる場合もあります。 その際に即座に反論できるように論点を整理しておきましょう。   ・特殊関係使用人の定義 みなし役員は ・株の保有割合(形式要件) ・経営に従事している…

2021年8月27日

役員①「みなし役員」

税務調査において絶対に避けなければならない「重加算税」と「認定役員賞与」 この二つは他の否認項目等と違い   ・追徴税額が大きくなることが多い ・期ズレではないため、将来的にも払った税金が戻ってこない   という2点から、会社の経営に与えるダメージはかなり大きなものになります。 逆に調査官からしてみれば取れる税額も多く自らの出世にもつなが…