太田和之税理士事務所

コラム

税金

2022年5月2日

棚卸資産の評価

税務調査において「売上」と「仕入(原価)」はほぼ確実にチェックされます。 というのも、「売上」とその「仕入(原価)」は商売の根幹であり、また金額も多い為利益への影響も大きいからです。 今回は「仕入(原価)」の構成要素の一つである「棚卸資産」の評価について解説します。     棚卸資産とは 棚卸資産とは、いわゆる「在庫」のことを指します。小…

2022年1月6日

令和4年度税制改正大綱③~その他~

12月10日に発表された令和4年度税制改正大綱で実務的に重要な点についてピックアップして解説します。 今回は所得税・法人税以外の論点についてです。     隠蔽仮装行為があって確定申告書が提出された場合の措置   重加算税の対象になるような隠蔽仮装行為があった場合、もしくは無申告であった場合には帳簿書類や明らかな証拠書類等が無い…

2021年12月21日

令和4年度税制改正大綱②~法人税編~

12月10日に発表された令和4年度税制改正大綱で実務的に重要な点についてピックアップして解説します。 各スピードが遅すぎて全然速報にはなっておりませんが、なるべく年内には書ききる予定です。 今回は所法人税について。   所得拡大税制の改正 当初申告要件があることから税理士としては適用漏れが許されない税制の一つです。   ・適用期間 令和6…

2021年12月13日

令和4年度税制改正大綱①~所得税編~

12月10日に令和4年度の税制改正大綱が公表されました。 多くの税理士さんがそうだとおもうのですが、私もこの土日でようやく読み終わりました。 これから何回かに分けて今回の税制改正大綱で実務的に重要な点についてピックアップして解説したいと思います。 今回は所得税についてです。   ・住宅ローン控除の改正 住宅ローン控除自体は延期となり、令和4年以降に…

2021年11月30日

年末調整の流れ

明日から12月ですね。税理士の繁忙期が始まります。 会社としても年末調整、法定調書、償却資産税とやることが盛りだくさんの季節です。 今回は年末調整の基本的な流れを説明させていただきます。   年末調整とは 毎月の給料から天引きされている所得税について、年末に最終的な納税額の調整をすることです。 会社が年末調整をすることで払いすぎ税金は還付され、逆に…

2021年11月21日

法人設立時の手続き④~法人を設立した時の届出~

会社設立時の手続きについて、前回(資本金、決算期の決め方)からの続きです。 今回は法人設立後税務署や都道府県、市役所等にしなければならない届出書を解説いたします。 なお、資本金1000万円未満の法人を前提としております。また社会保険関係の届出は省略しております。   届出必須 ・法人設立届出書 提出先  税務署 提出期限 設立登記の日から2か月以内…

2021年11月17日

事業所得か雑所得か

最近「副業で赤字を出して節税するという手法を聞いたのですが・・・・」といった問い合わせが頻繁にあります。 このスキームの正式な名称は多分ないと思いますので、ここでは一旦「副業節税」と呼ぶことにします。 この「副業節税」は10年程前にも流行りました。そして時代を変えて現在また世間に広がりつつあります。 今回はこの「副業節税」を題材にして事業所得と雑所得の違いに…

2021年10月11日

法人設立時の手続き③~資本金、決算期の決め方~

会社設立時の手続きについて、前回(会社形態の決め方)からの続きです。 今回は資本金と決算期の決め方について解説したします。 ①資本金 まず、やろうとしている事業に資本金の額に制約が無いかを確認してください。例えば人材派遣業では「資本金や資本剰余金等の純資産が2000万円以上」という要件があります。 もし制約が無ければ、次はとりあえず1000万円未満にできない…

2021年10月10日

法人設立時の手続き②~会社形態の決め方~

会社を作ろう!と思ったときに、決めなくてはいけないことは沢山あります。 会社名・事業目的・本店所在地等等・・・・・   とても悩ましいですね。 中でも特に悩む方が多いのは「会社形態」「資本金の額」「決算期」です。 何も考えずに決めてしまうと、思わぬところで“損”してしまうこともあります。 そこで“損”しないための基本的な考え方をお伝えします。 今回…

2021年10月9日

法人設立時の手続き①~はじめに~

法人を設立した場合、多くの方が税理士との契約を考えるかと思います。 契約のタイミングとしては   ①法人設立前(個人からの法人成り含む) ②法人設立直後 ③最初の決算申告時   あたりが考えられます。 (法人成りを除けば)「②法人設立直後」が多く、実際弊所に依頼が来るのも法人設立直後のお客様が多いです。 しかし、税理士としては可能であれば…